top of page

今日の『ちょっと勉』③降りやまない雨☔いろいろなことが立て続けに起こることを英語でいうと?

歴史的な降雨量で各地で洪水や土砂災害が生じています。このニュースを見ると思い出す言葉があります。


When it rains, it pours.

 

悪いことや良いことが重なって起こる時、こんな表現を使います。

rainは雨。pourはどしゃぶり雨の時に使う英語です。


It's pouring down.

どしゃぶりの雨が降っている。


pourは他にも「注ぐ」という意味もあります。ポットの注ぎ口からドバっと出るイメージの雨と記憶するを覚えやすいかもしれませんね。


英語の辞書をひくと「悪いことが立て続けに起こる」と書かれていて、日本語の「降れば土砂降り」、「泣きっ面に蜂」ということわざと意味が似ています。でも、実は良いことでも使うことがあるんです。気を付けることは伝え方。良いことが重なっている時は笑顔でこの表現を使ってください。


私としては、是非良い意味でこの表現を使いたい。日本にたくさんの良いことが重なって起って欲しいと切実に願うばかりです。





閲覧数:167回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日の『ちょっと勉』⑯take a rain check ってどんな意味?

今日はあいにくの雨ということで、 rain (雨) を使った "take a rain check" というフレーズをご紹介。☔ "take a rain check" 「またの機会にする」や、誘いなどを断るときに使うフレーズなんです。 誘われたけどその日は都合がつかない...という状況になったら "Can I take a rain check?" 「またの機会でいいかな?」 と使ってみてくださ

今日の『ちょっと勉』⑮ボブ・マーリーから学ぶ英語

みなさんはボブ・マーリーを知っているでしょうか? 今やみんな知っている「レゲエ」の先駆者です。 私は留学時代、授業で「One Love」という曲を聴き、 クラスメートみんなで歌った思い出があります。 彼はたくさんの名言・格言を残していますが、 今日はその中でも有名で、個人的にお気に入りな名言をご紹介❕ "Love the life you live. Live the life you love.

今日の『ちょっと勉』⑭新学期… new term? semester?

Good evening. 🌙 もう新学期始まりますね。 今回はそんな新学期にちなんだ英語をご紹介します。 英語で「新学期」はなんと言うのでしょう? 日本の学校は3学期制なので、 "a new (school) term" といいます♪ 大学や海外の学校など2学期制の場合、 "a new semester" になるんです。 "term" と "semester" が「学期」にあたります。 新学期

bottom of page